じぶん年金作り・資産運用のお手伝い

人生100年時代、あなたがあなたらしく幸せで豊かな人生を実現していただくためにお手伝いさせていただきます。

「じぶん年金」とは

人生100年時代、公的年金だけでは引退後の生活費は足りないというご家庭が多いようです。そのため、生活設計に必要な資金(年金)をまさにご自分でつくる必要がある時代となっています。 そのご自分で作る年金のことを私どもでは「じぶん年金」と呼んでおります。 私どもはお客様が今のご年齢から引退までの時間を最大限に活かして資産を運用することで「じぶん年金」を作っていかれるサポートをさせていただいております。

あなたの豊かな未来のために

75億人を超えるとも言われている人々の中で直接お目にかかることができるのはほんの一部の方です。

せっかくご縁あって出会う方には、この100年人生時代を通して「その方らしい豊かな人生」を実現していただきたい!と思うのです。

そこに私どもがお役に立てることこそが私達の喜びです。

豊かな人生を実現される多くのお客様と生涯の友人としてのお付き合いを目指して精一杯お関わりさせていただきます。

ライフデザインの業務

【資産運用】

IFAとしてお客様がお持ちの資産がどのようなリスクリターンの特徴を持っているのかを分析し、ご投資経験やリスク許容度にあう最適なポートフォリオをご提案します。将来の安心を実現する投資方法もご提案します。

【保険相談】

お客様がご加入の生命保険や損害保険が、ご家族のライフプランや事業計画に合ったベストなリスク対策となっているかを分析し、より良い加入方法があればご提案します。他社でご加入の保険相談もお気軽にどうぞ。

【各種セミナー】

「人生100年時代」をお客様が心豊かに生きていくための「じぶん年金づくり」の考え方と具体的な方法をセミナーを通じてお伝えしております。投資未経験の方に大変喜ばれています。まずは無料セミナーからどうぞ。

IFA—Independent Financial Advisor—

IFAとは、「資産アドバイザー」や「独立系ファイナンシャルアドバイザー」とも呼ばれ、証券会社から独立した立場でお客様の身近な専門家として資産運用に関するご相談を承ります。

弊社では、エース証券と業務委託契約を締結し、「金融商品仲介業者」として内閣総理大臣の登録を受けIFA業務を行っています。
金融庁のホームページでもご確認いただけます。

30年近い保険業務の経験を基に、保険についてもアドバイスさせていただくことができます。

証券マンとの違い

IFAは「独立したお金のアドバイザー」です。 証券会社からの固定報酬も無いかわりに営業ノルマもありません。

証券業界ではあまり聞かない月々1万円からの長期積立投資を主にお勧めしており、短期間での売却をお勧めすることはありません。

また弊社はこの3年間、毎月口座開設をしていただいており、おかげさまで口座数は150を超えました。

お客様にしっかりお話を伺った上で、正直なアドバイスをさせていただくことを信条としております。

最近は、大切なお子様やご友人をご紹介いただく方が増えてきています。

あなたにとって何が必要でしょうか?

資産運用・保障・貯蓄、今あなたにとって必要な事、将来に向けて今しなければいけないことは?

資産運用・保障・貯蓄、今あなたにとって必要な事、将来に向けて今しなければいけないことは?

ライフプランやポートフォリオの構築をご一緒に考えさせていただきます。
お金に関する疑問・不安などを解消するセミナーや個別相談を行っています。
大切なのはお客様が実現したい未来を実現してもらうことです。
その未来図の実現のために、常に正直な目線でアドバイスさせていただくことを信条に、お客様と向き合っています。
特に、初めての資産運用に不安を感じておられる方に大変喜ばれています。

トピックス

お客様の声
石原さんからコメントをいただきましたNew!!
お客様の声
勝田さんからコメントをいただきました
お客様の声
香西拓也さん
香西さんからコメントをいただきました
お客様の声
荒木さんからコメントいただきました
お知らせ
今年初めてのオンラインセミナー開催しました
お知らせ
謹賀新年

経営理念

  • すべてのご縁に感謝します
  • 大切な人の笑顔を守ります
  • 私達は幸せであり続けます
  • 沢山の方から繋いでいただいたご縁に支えられて長年この仕事をさせていただいておりますことは感謝しかありません。
  • 星の数ほどいらっしゃる方の中でお出会いできるごく一部のご縁を感じるお客様には「誠」を尽くして参ります。
  • 一方で、私達自身もお客様と同様に私達の幸せを追求して自分らしく生きていきたいと思っております。
  • お客様とは「相互に信頼し尊敬し尊重しあえる関係」でありたいと考えております。
PAGE TOP